法学系学部にオススメ資格はありますか?
法学系の学部は、資格取得に非常に有利だと言えます。理由は、国家資格の多くは、何かしらの法律を学習するケースが非常に多いからです。少し法学部と縁が遠そうな「宅建士」を例にとっても、「宅建業法」いう科目があったり、「社会保険労務士」という資格でも、「労働基準法」「国民年金法」など大半が法律の勉強になります。「司法書士」「行政書士」といった実務の世界で「法律家」と呼ばれる資格はもちろん、これに加えて先に挙げた宅建士や社会保険労務士なども受験しやすい資格だと言えます。

経済系学部では、企業財務に関する資格が人気!
経済系の学部に人気が高い資格は、やはり企業財務に関係する資格になります。その代表的な資格としては、「日商簿記検定」で、3級、2級と段階的に知識を深めていける点も魅力です。段階的に学習していける点でいうと「ビジネス会計検定」などもオススメ資格になります。「ビジネス会計検定」という資格は、帳簿を作成するという「日商簿記」の観点とは異なり、帳簿を読み取れる力、つまり貸借対照表、損益計算書をみて、企業業績を判断できる力を養います。財務諸表を判断できる力は、あらゆる業界で必要とされる知識で、特に金融業界においては必須のスキルになります。金融業界では、こうした資格に加えて、「FP技能士」や「証券外務員」といった資格と組み合わせるのがよく、面接等で大きなアピール力を持つ事になります。

理工系学部では、ITスキルを学生の間にしっかり身に付けておくのが◎。
理工系の学部において、人気の高い資格分野は、「知財関連」「ITエンジニア関連」になります。将来、技術系の仕事で活躍していく場合、今やITスキルは必須のスキルとなっています。MOS検定は、そうしたスキルとしては、入門的なものになりますが、大学1年生、2年生の間に、少しでも身に付けていれば、今後、確実に役立つスキルになるはずです。商品設計や、建築設計という分野においては、コンピュータを使用して設計や製図をする「CAD」も人気です。

『大学生協(推奨)のWEB資格講座』では、ここまで挙げた資格以外に、学部を問わずオススメしたい資格を多数、用意しています。「TOEIC」や「秘書検定」などはその代表で、必ず就職活動に役立つはずです。興味のある資格をどんどんチェックして、「なりたい自分」に向かって一歩踏み出しましょう!

1年生、2年生から、勉強を始めたほうがいい資格ってあるの?
まだ入学して間もない1年生や2年生。「資格の学習なんて、就職活動を始める時期になってから・・・」だなんて思っていませんか? 大学生活は長いようですが、いざ資格の取得を考えた場合、意外に時間が足りないことに気が付きます。難しい資格を目指す場合、2年間全てを学習にあてないといけない・・・なんてこともザラにあります。中難度の資格でも、半年から1年間の学習時間が必要ですから、2年生から始めて、1発の合格で、3年生で取得。やっと就職活動に間に合うスケジュールということになります。比較的取得しやすい資格を複数GETしたい方も同様です。
「4年間は、長いようで短い!」資格を目指す場合、このことを肝に銘じてください!

3年生、4年生からの資格取得は、思い立ったが吉日。
先にも述べましたが、資格取得には、意外に時間がかかります。3年生、4年生からの挑戦の場合、「思い立ったらすぐに勉強を開始する!」くらいの気持ちが必要です。
勿論、資格を取得するなら就職活動で使わないと勿体ないですから、試験日程と合格発表の日程をしっかり確認してから資格をセレクトすることも忘れないようにして下さい。

VOICE〜社会で活躍する資格保有者に聞いてみた〜

昨今、企業が提供するサービスは多様化しており、そういった商品を扱うビジネスパーソンに求められる要素もそのような傾向にあります。例えば、会計システムであれば、当然、会計とITの知識が同時に求められますし、海外をマーケットとする場合には語学力と販売管理の能力が求められるというようなケースもあります。
しかし、こういったプロジェクトをクライアントと進めながら、自宅に戻って勉強するというのはなかなか厳しいものがあります。学生は是非、在学中にこういった基礎的な勉強を進めて欲しいですね。学生は学部の単位のための勉強と割り切るのではなく、将来、自分がする仕事をイメージできていると役立つと思います。
私は、大手ユーザ系SIerでシステム開発と海外法人立上げを行った後、ITベンチャーに転職しサービス開発をしていますが、学生時代に情報処理と会計の資格取得のために勉強したことは、就職活動でもいい結果につながったと思いますし、就職後、同期よりも基礎知識がある状態で業務をスタートできたので、その後のキャリアのアドバンテージにもつながっています。
是非、学生時代にビジネスの基礎体力をつけておくことをお勧めします。がんばってください。